種本武司先生プロフィール

株式会社キイコーポレーション代表

経営コンサルタント

生活習慣病予防指導士(ホリスティック医学協会公認)

食養指導士(日本綜合医学会公認)

 

1940年、福岡県北九州市生まれ。

昭和38年、伊藤忠商事に入社。日本のファッションの黎明期にイタリアを始めとするヨーロッパ全土に渡り、ファッション・ビジネスの仕組みをゼロから構築、ヨーロッパの「物作り」ファッション情報をもとに同社のアパレル部門の発展に寄与、繊維素材(原料と織物)ビジネス中心だった伊藤忠商事を日本有数のトップファッション部門を有する総合商社へ飛躍させる一翼を担う。

 

30代に請われて神戸の(株)ワールドへ移籍。商社時代に培ったノウハウを導入し、年商60億だった同社を1200億企業へと押し上げる中心的原動力となる。

 40代で独立、経営コンサルタントとして、東京西川産業、リコー(三愛、アイマリオ)、三松、サンフェルメール等々、大・中企業の経営戦略、人材育成などに従事。

 

新日鉄の量子波動測定器の開発者に出会い、国内における測定法の教育・啓蒙を依頼され、この分野の第一人者的な実績を残す。1990年代初頭、農水省の土壌改良委員会に関わり、全国の有機農産物の生命エネルギーの測定を行い、人の意識の進化と健康に対する重要な事実を自覚。

三次元の現象世界(物質−感性−知性)の背後に本質的原因となるエネルギーの世界が存在し、そのエネルギー場が新しい発見・生き方の改革改善の宝庫であることをつかむ。以後25年あまりにわたり、予防医学的見地から延べ9000人の生命波動測定を行い、食養・意識カウンセリングを通じて、体質改善や能力開発、運命向上などのコーチング・アドバイス、およびヘルス・コンサルタントを行っている。

 

 

★「食と意識エネルギー講座」についてのお問い合わせ

問い合わせフォームより、件名に「種本先生講座の問い合わせ」と明記しご連絡ください。